希望の家

社会福祉法人共生会
希望の家とは
希望の家とは  希望の家のあゆみ 希望の家の事業 一日の生活   年間行事

希望の家便り 高齢児合宿研修  希望の家研修  フォトギャラリー  リンク     



希望の家の目的  児童福祉法による児童養護施設で、乳児を除いて、保護者のない児童、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせてその自立を支援することを目的とする施設です。
希望の家の方針  児童福祉法の精神及び「児童の権利条約」の理念を柱として、子どもへの最善の利益を図り、個々の子供の人格を尊重し、将来の自立を目指して成長発達を保証することを方針としています。
希望の家の内容  ショートステイ、トワイライトステイ事業を実施している他に、親子宿泊サロンも開設しています。本園は2つのユニット(6名×2)、地域小規模施設2ヶ所、都型グループホーム4ヶ所、合計48名定員です。



Copyright(c) 2006-2015 社会福祉法人 共生会 希望の家. All Rights Reserved.