新年あけましておめでとうございます

 

 日頃から、希望の家を応援して頂きありがとうございます。

私も希望の家赴任後、初めての年越しでありました。旧年中、いろいろな行事に参加させて頂き、

どの行事も新鮮に写りましたが、その中でも印象付けられた行事について述べたいと思います。

 11月に行われた高齢児合宿の完成度には非常に驚かされました。

当日までの2回のオリエンテーションや事前レポートの発表会、そして当日の子ども達の取り組み。

合宿後の発表会など、どれも完成度が高く驚かされました。それぞれ、当日の合宿だけではなく意味があり、

合宿前の会は合宿へ向けての子ども達への参加意欲を高め、合宿でその成果を発揮させる役割を担っている事がわかりました。

当日の合宿ではどの講義においても、参加している子ども達の意欲は高い事に驚かされました。

事後レポート発表会では、次年度以降に参加する子ども達を交え行われました。

発表を行う中高生については、よくまとまった形での発表が行われ素晴らしく感じたのはもちろんですが、

特に発表を聞いている小学校6年生の子ども達は、「次は自分たちの番である」

という意識で真剣に聞き入っていた姿は印象的でした。これが43年間も続いている高齢児合宿であり、

以前より理事長先生から伺っていた「希望の家は高齢児合宿が子ども達を成長させている」という、

希望の家の根本的な源である事が理解出来ました。

12月に行われたクリスマス会も印象に残りました。

その中で行われているクリスマス会における、グループ毎の発表では、

毎日々、子どもと職員さん達が練習に勤しんだ結果、当日の会では素晴らしい発表が出来ました。

日頃、職員さんの手を煩わせている子どもにおいても、自分の役割をきちんとこなし、

発表の場では練習の成果を発揮できていたと思います。全員のクリスマスソングの合唱では、

幼児から高校生まで大きな声で歌っている姿は、非常に印象的でした。高校生などが率先する姿が随所に見られ、

まとまりのある合唱が出来たのではないかと感じました。

 子ども達の素晴らしい姿も印象的であったのですが、上記二つの行事を成功させるために、希望の家の職員達は、

本当に子ども達の事を考え、支えている姿もある事も加えさせて頂きます。

 今年1年も皆様に支えられながら、より良い子どもの育ちを進めていきたいと思います。

今後ともご支援の程、よろしくお願い致します。


 社会福祉法人 共生会 希望の家                     園 長  村松信知


希望の家 ようこそ!東京都の葛飾区にある 社会福祉法人 共生会 児童養護施設 希望の家のホームページへ

新学期が始まり、子どもたちも新しい生活に慣れるために、必死で頑張っています。
その精いっぱいな姿を見て、職員も力になりたいと日々奮闘しております。
進学や就職を控えた子どもたちにとっては早くもそれぞれ準備が始まっており、
どんな結果になっても、悔いだけは残らないように、職員も応援していきたいと思います。。
子どもたちが自らの力を思う存分発揮できますように。皆様も応援よろしくお願いいたします。

 
共生会             

希望の家とは
 
希望の家のあゆみ
 
希望の家の事業
 
一日の生活
 
年間行事
 
希望の家便り

フォトギャラリー

高齢児合宿研修

子育て支援   (ホームスタート)
リンク集

希望の家研修





 
アクセス

@京成線青砥駅下車 徒歩13分

A京成バス(新小53系・新小52乙系)
  テクノプラザかつしか下車 徒歩4分
B都営バス(草39系)
  亀有新道入口下車 徒歩2分
CJR常磐線亀有駅下車 徒歩21分



共生会希望の家 フェイスブック(facebook)でも希望の家の様子を掲載しております。
ぜひご覧ください。
※ ホームページ作成ソフトの調子が悪いので、このホームページは工事中が多くなっております。ごめんなさい。



●● おしらせ ●●


 児童養護施設職員養成講座 2017 を開催いたします
 今年も、児童養護施設職員に興味のある学生の方などを対象にした、養成講座を開催いたします。
養成講座は今年で4年目を迎えます。学生の方は1年生から4年生まで幅広く参加いただいており、中には毎年継続して参加してくださる方もいらっしゃいます。学生以外の方にも参加いただけます。
講座の中では実際に働いている職員が話をしますので、現場の生の声が聴ける貴重な機会になるかなと思います。
一人でも多くの方に、児童養護施設のお仕事を知っていただいて、子どもたちのための良い環境を一緒に形作っていきたいと思います。ぜひご参加ください。

お申し込みは、こちらの応募フォームよりお願いします。
http://ssl.form-mailer.jp/fms/7b75d6b6515999

facebookにもチラシや詳細を載せておりますので、そちらも合わせてご覧ください。

お問い合わせ (電話)03-5650-2424 (mail)kibo-promotion@kibo-noie.com (担当 長谷川)


 平成30年度 職員を募集いたします
 希望の家では、平成30年度(2018年4月〜)から一緒に働いてくれる方を募集いたします。

希望の家は家庭的養護を目指して、地域型小規模型(地域の中で、子ども6名の小さな養育単位で育てること)で
子どもたちを育てていく施設です。
希望の家には8つのグループ(2つのユニット、6つのグループホーム)がありますが、そのすべてが小規模の形態
で運営している、全国的にもめずらしい施設です。6名の子どもの数に対して、4名の職員チームで支援を行います
ので、アットホームな雰囲気で、少人数の子どもたちときめ細やかな、密な支援を目指す方にとっては、とてもやり
がいのある環境だと思います。

子どもたちが社会に出るまでに、様々な社会経験を積み重ねる場(様々な職場体験、体験学習など)や、中学生の
うちから自立について考えたり様々な知識を得たりする場(高齢児合宿)を用意するなど、自立に向けて沢山の機会
を提供できる環境もたくさん用意しております。
そして、そんな環境で生活する子どもたちの素直で一生懸命な姿を見て、地域の方や、ボランティアの方、企業など、
沢山の方々から応援をいただいている施設でもあります。
希望の家では、職員が働きやすい職場、やりがいのある職場を目指すための、人材育成の仕組みづくりもみんなで
検討しており(人材育成員会)、様々な研修や、相談の仕組み(サポーター制度)、職員同士の横のつながりを大切に
する工夫、など様々な取り組みも行っております。

ぜひ、みなさんの持ち味、子どもを思う気持ち、アイデアなど、少しでも多くの力を分けていただいて、みんなで一緒に
子どもたちを支えていきたいと思っております。

申し込みはこちらの応募フォームよりお願いします
→ http://ssl.form-mailer.jp/fms/7b75d6b6515999

facebookなどでも、採用説明会、見学会、採用試験などについて情報を発信していこうと思います。そちらも合わせてご覧ください。

お問い合わせ:TEL 03−5650−2424  Mail kibo-promotion@kibo-noie.com (担当 福家、長谷川)



                 

 トピックス
希望の家前園長 麻生が取材を受け、インターネットニュース「THE PAGE」にて掲載されました。
希望の家副園長 福家がグループホームでリーダーをしていた際に取材を受け、
認定NPO法人ブリッジフォースマイルの施設職員の声にて掲載されました。



2016.冬 共生会希望の家では来年度に向け採用活動を随時実施しています。


2016.秋 2016年度の児童養護施設職員養成講座を無事終了致しました。たくさんの皆様にご参加いただきありがとうございました。
来年度も実施予定ですので、興味のある方は是非ご参加ください。

2016.夏 希望の家の機関誌が完成しました。希望タイムス、希望の家便り

様々な行事などは、ホームページではなくフェイスブック(facebook)の方で報告をさせてもらっています。
興味のある方は是非ご覧頂ければと思います。



2014.4   内閣総理大臣の安倍晋三首相が見学に来てくれました。


          葛飾区からの補助金を受け子育て支援(ホームスタート)事業を2012年11月より開始しました。

園長あいさつ































児童定員・在籍数 財務表 第三者評価結果一覧                                      最終更新日 2017.6


  Copyright(c) 2006-2016 社会福祉法人 共生会 希望の家. All Rights Reserved.
  E-mailでのお問合せ


  社会福祉法人 共生会
        のホームページへ
携帯電話、スマートフォンからは
下記のQRコードを
読み取りご利用下さい。
URL リンク http://www.kibo-noie.com/  メールアドレス kibo-info@kibo-noie.com  電話番号 03-5650-2424  ありがとうございます。 今後ともどうぞ宜しくお願いします。

        
    189
児童相談所全国共通ダイヤル
 
困ったり 気になったりしたら いちはやく(189) 電話してみよう